【オルタナティブロック】あなたの未来世界を切り拓く希望の唄!

オリジナル曲

 

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで・・・

 

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

新曲が完成しました。タイトルが

 

「アポロの唄」

 

です。

前曲「人間の証明」からまあまあ間を空けての公開となりました。

 

アポロの唄の楽曲解説

・曲の解説
・使用機材やプラグイン、工夫したところ
・映像編集
・過去の音源
・歌詞
・まとめ

 

に分けてお話ししたいと思います。

曲の解説

『夢』つないだ 白い絵の ニンフが 『夢』描いた 赤い絵のニケと 羽ばたく

 

現実と幻想が入り混じっている曲です。歌詞的には過去曲「月下の住人」に近い仕上がりとなっています。

 

 

こういう歌詞は好きですね。ミドルテンポでシンプルな曲に仕上がってます。尺も3分40秒。段々と長くなってきてる笑。

前曲同様、ウクレレがリズムのコードプレイとカッティングプレイに分けてあります。コードプレイの方は音色を甘く、カッティングプレイの方は音色を歪ませています。これが定番になりそうですね^^。

今回のベースプレイは出だしから印象的なフレーズを奏でていますが、サビでボーカルとユニゾンプレイに走ります^^。これにつられてラストではバスドラムの連打も合わさってます。今までにない曲構成ですね。それからギターソロ。ウクレレのカッティングプレイの音色で弾いてます。なんとなく控えめに弾いてるのがミソかなと思ってます^^。




使用機材やプラグイン、工夫したところ

まずはボーカルからですが、今回の曲は

 

ソロ
「歌いにくい!」

 

曲となりました笑。

特にサビ。息を抜くタイミングが難しかったです^^。

マイクはaudio-technica コンデンサーマイク AT4040で録音。メインボーカル用とハモリ用トラックを2トラックずつLR両極端にPan振りしています。ハモリ用はダブリング効果を狙ってます。ボーカルbusにfabfilter Pro-Q3izotope Nectar3Waves CLA Vocalsaphex vintage aural excitervocal riderDoublerをインサートして音作りしてます。

 

Waves CLA Vocalsaphex vintage aural exciterに関してはこちらの記事をどうぞ。

 

今作からfabfilterMastering Bundleを使用してます。Pro-Q3Pro-L2Pro-C2Pro-MBIzotopeNeutron 2 Advancedで描いたEQのラインをPro-Q3Pro-MBでなぞってみました。wavesやizotope関連のEQと比べると音質はクセがなく非常にフラットだと思いました。中でもPro-Q3は視認性が高く、操作がやりやすかったです。ただ、やっぱり最後は

 

ソロ
「耳と腕次第」

 

だと思いました^^。

wavesizotopeのEQで好みのものをお持ちの方なら慌てて購入する必要はないと思います。fabfilter、結構高いですからね。

 

ソロ
「EQにこんなに出せないよう・・・」

 

っていうのが大抵の方の見方ではないでしょうか。セールになってから検討しても遅くはないです。ただ、セールはあまりやらないという話を耳にしてますが^^。

 

fabfilter Mastering Bundleはこちらになります。Pro-Q3Pro-L2Pro-C2Pro-MBが含まれています。Pro-Q3が何かともてはやされますが、残りも上質なプラグインであることには変わりないです。




映像編集

今回も鉛筆で描いたカットをphotoshopで加工して使用してます。

自分がウクレレとベースを演奏している姿をグリーンスクリーン(という名の布)をバックに撮影して、クロマキー合成してます。

final cut proのキーイング(キーヤー)一発で簡単に合成できるのがすごいです。相変わらず曲の間奏で子供の絵が出てきます。もはや私の映像の特徴となってきていますね^^。

 

★作画には最高級製図用鉛筆でおなじみのルモグラフを使用しています。4H〜6Bまでの太さがあるので絵に立体感が出ていいですね。私の場合は、細い芯で影や髪の毛に使っています。太い芯で髪の毛の色を塗っています。




歌詞

最後に歌詞を掲載します。

曲のタイトルにもある「アポロの唄」ですが、最初から「〇〇の唄」にしたいと思っていました。何の唄にしようかな?とあれこれ考えていたら、ちょうどその頃、オーディオインターフェイスの

 

Universal Audio Apollo Twin MkII

 

に興味が沸いてたんですね笑。

そこで

 

ソロ
「アポロの唄ってカッコいいな・・・」

 

と思ってこのタイトルにしました^^。いやあ、何が幸いするか分からんもんです笑。

歌詞は全体的に難産でした。天から降って来ない来ない笑。
前曲同様ハマりました笑。終わってみれば現実と幻想からなる私の世界観がよく出た歌詞となっています。

 

ソロ
「『夢』つないだ 白い絵の ニンフが 『夢』描いた 赤い絵の ニケと 羽ばたく」

 

ニンフ」のところが最初「神父」だったんですが、「神父」→「妊婦」→「ニンフ」と変化していきました^^。

ニケ」も中々出て来なかったですね。

全体的に何とも言えない不思議な感じに仕上がってると思います。ひと言でくくれないと言うか。ボーカルのミックスは試行錯誤でこれに落ち着きました。前曲のようなザラついた感じも好きだったんですがね^^。

 

『アポロの唄』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

悲しみの沼に はまり込んだ時には
星くずをつかんで 宵の汽笛を鳴らす

苦しみの森に 迷い込んだ時には
赤土をすくって 涙のランプを消す

喜びの渦に 巻き込まれた時には
スコールをまとって 愛の白線を踏む

『夢』つないだ 白い絵のニンフが
『夢』描いた 赤い絵のニケと羽ばたく

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

『夢』つないだ 白い絵のニンフが
『夢』描いた 赤い絵のニケと羽ばたく

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

© 2018ソロ

 

感想などいただけましたら嬉しいです。

 

Universal Audio Apollo Twin MkIIです。ARROW/SOLO/DUO/QUADとありますが、どうせ買うならひと踏ん張りしてDUO/QUADあたりが良いかと思います。かなり勇気のいる値段ですけどね^^。




まとめ

いかがでしたか?

実はこの曲、私にとっては記念楽曲となります。そうなんです。

私にとって目標であった記念すべき

 

10曲目

 

になるんですね。わー パチパチパチ笑。

以前からあたためていた曲、新しく作った曲合わせてやっと10曲。楽しかったこともあり、苦しかったこともあり全てがいい思い出です。いや、別にやめるわけじゃないけど^^。

ホント、好きじゃないとやってらんないですよこれ笑。やること多すぎ、やってること深すぎで。創作に耐性のない人だったらとっくに投げ出してると思います笑。

ここまで続けられたのは音楽が「好き」なのと、やっぱり聴いてくれる人の存在ですね。特にコメントしてくれる方はありがたいです。自分では気づかないところに気づいてくれたりするので。

自分の中からふと湧いてきた曲をこうやって不特定多数の方に聴いてもらえる環境が整っているだけでも幸せなことだと思います^^。贅沢言っちゃいけませんね。あと、続けてて良かったと思ったのはTwitterとかで

 

ソロ
「音楽仲間」

 

が出来たこと。周りにDTMやっている人いないのでなおさら貴重な存在になってます^^。

このDTMerの中には音楽に真摯に向き合って哲学的な考え方を持っている方もいますし、ビジネスに精通している方もいます。生き方としても大変参考になる部分があります。また、DTMに限らず、創作的なことをやってると

 

前向き

 

に生きてる感じがして私は好きですね。何か自分なりの目標に向かって生きるのは自分の人生のモチベーションにもつながりますので。

ただこの趣味、前向きに

 

お金が飛んでいく

 

のが唯一の欠点と言えば欠点なんです。笑。

やっているうちに、

 

ソロ
「もっと上を目指したい!」

 

って思うと、次から次へと機材やプラグインが必要になりあれよあれよと万札が飛んで生きます笑。ただ、飛んだお金の分だけ

 

成長してる

 

のは間違いないです。必ず何かしらの血肉になっています。なので、例え使っていない、自分では失敗したと思った機材やプラグインでもどこかしら自分の身になっていると思います。購入する際の選択眼も磨かれてくるので。DTMをやってると一消費者としても成長していくと思います笑。

私は自分を自称

 

アーティスト

 

だと思ってます。自分が作った作品と自分をどうしても重ね合わせてしまいます。切り離せない。切り離して考えられるのがビジネスマンです。自分の作った楽曲をどうやったら売れるかプロモーションすることが出来る力を持つ人の事です。どんな歌詞が売れるか?どんな曲展開が売れるか?音は?アレンジは?と色々考えられる力を持っていないと中々世に出ることは難しいと思います。

私はそういうタイプではないですね。
自分の内面性とコツコツ向き合うアーティストタイプだと思います。なので、作風も段々「独特」とか言われるようになってきてるんだと思います。

そんな自称アーティストですが、気になる方は今後もお付き合いいただけると嬉しいです^^。

 

他の楽曲もお聴きになりたい方はこちらをクリック!

 

 

前作「人間の証明」の記事はこちらに書いてありますので気になった方はこちらもどうぞ。

 

 

ソロ
でわね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!