【オルタナティブロック】夜な夜な歩き回る幽霊(ゴースト)達の饗宴

オリジナル曲

夜な夜な歩き回る幽霊(ゴースト)たちの饗宴!

 

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

新曲が完成しました。タイトルが

 

『月下の住人』

 

です。

 

「月下の住人=幽霊」をモチーフに曲を作ってみました。

 

月下の住人の楽曲解説

・曲の解説
・使用機材やプラグイン、工夫したところ
・映像編集
・歌詞
・まとめ

 

に分けてお話ししたいと思います。

 

曲の解説

幽霊(ゴースト)の歌です。前作の「オズマ」同様、こういう架空の対象を歌にするの好きなんですよね。想像力をフルに発揮できるから笑。

演奏面では今回最も動きが激しいのはドラムです。

なるべく

 

ソロ
「即興演奏」

 

的な感じになるように仕上げています。個人的にも奔放なドラミングが好きなので。

ベースラインは以前からあったものを使いました。いい感じで動いていると思います。

ベースの動きがある曲って気持ちいいいですよね。もちろん押しと引きは心得てます^^。

ウクレレもドラム同様、荒削りな感じをあえて出しています。ギターとはまたちょっと一味違ったサウンドになっていると思います。




使用機材やプラグイン、工夫したところ

この曲はwavesのプラグインのみで作ってあります。

ベースのトラック以外、ほぼどのトラックにもWavesKramer Master Tapevitaminを使っています。デジタル臭さの解消とEQ調整しても音が抜けてこなかったので使用してます。

 

Kramer Master Tapevitaminの記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ!

 

 

マスタートラックにはL3-LLCenterなどをインサートしてます。

特徴的なウクレレサウンドにはGTRAmpが活躍しています。

 

ここで紹介したプラグインが入っているバンドルはこちらになります。

 




映像編集

今回は映像制作・編集面で大幅に「カラー」を導入しました。

 

アナログで描いた絵をphotoshopで加工しています。

アナログで書いたイラストをそのまま編集していた頃と違って表現力がかなりアップしてると思います。

やっぱり色が入ると見栄えが違いますね^^。

 




歌詞

今回は「月下の住人」というフレーズを除き、歌詞のリピートを抑えました。

 

「月下の住人」というフレーズをもっと機械的にしても良かったかなとも思っています。

曲が出来ているのに歌詞がなかなか決まらずミックスしながら言葉をのせていきました。

 

ソロ
歌詞考えるのってホント大変ですよね(笑)。

 

言葉の羅列には気を配っており、かなり「映像的」にはなっていると思います。

モチーフが幽霊だけに

 

イメージさせる

 

歌詞じゃないと伝わりませんからね。

 

漢字、カタカナ、ひらがなをバランスよく配置した

 

純国産

 

な歌詞となっております^^。

 

『月下の住人』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

真っ黒なビルの谷間で 月下の住人
ダクトに火をつけ回る 月下の住人

冷たい壁にもたれて 月下の住人
チープな星くず拾う 月下の住人

性善の悪魔が 酒場でキスしてる
性悪の天使が リボルバー放つ

突き抜ける 魔法陣
振り返る ナポレオン
見せかけの 地球儀に
答え探す

吹き抜ける 紅い河
彷徨える アレクサンダー
偽りの 歴史書に
答え探す

まっさらな空気のノイズで 月下の住人
夕暮れ今燃え上がる 月下の住人

© 2018ソロ

 

他の楽曲もお聴きになりたい方はこちらをクリック!

 




まとめ

いかがでしたか?

 

バンドサウンドを追求していく上で気をつけているのが

 


まとまりすぎないこと

 

です。

 

まとまりすぎちゃうとバンドとしての面白みにかけちゃうんですよね。

今後も楽器の

 

プレイ感

 

も楽しめるような楽曲を制作していきたいと思っています。

 

それでは夜な夜な歩き回る月下の住人=幽霊たちの饗宴をお楽しみ下さい。

感想などいただけましたら嬉しいです。

 

前作「オズマ」の記事はこちらに書いてありますので気になった方はこちらもどうぞ。

 

 

ソロ
でわね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!