【オルタナティブロック】リアルな人づきあいの大切さを歌った曲

オリジナル曲

 

本当に大事なのは人と人とのリアルなつながりなんだよ

 

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

新曲が完成しました。タイトルが

等身リアルネットワーク

 

です。

前曲「海と空の眠り」からしばらく間が空きました。

 

等身リアルネットワークの楽曲解説

・曲の解説
・使用機材やプラグイン、工夫したところ
・映像編集
・過去の音源
・歌詞
・まとめ

 

に分けてお話ししたいと思います。

曲の解説

冒頭にもあります通り

 

「人と人とのつながりの大切さ」

 

をテーマに曲を作ってみました。

アップテンポでシンプル、分かりやすいキャッチーな曲に仕上がってると思います。尺も1分50秒と短いです。

実はこの曲、正確に言うと前回の「海と空の眠り」に続き

 

新曲ではありません(笑)。

 

まだgaragebandiMovieで映像素材を借りて作っていた時の曲になります。

 

LogicもWavesもBFD3もizotopeもなかった頃です。

 

「海と空の眠り」同様、このスタイルになってアップしてからはじめてなのと、曲の構成が変わっているので新曲扱いにしました。

 

以前のヴァージョン(ここではdemo版と呼びます。)と比べると、通常のウクレレのコード弾きにディストーションをかけたウクレレのコード弾きとソロっぽいギターの音が追加されています。3本重ねたのは今回が初めての試みです。厚みが増したと思います。

前回使ったもらいもののエレキギターの弦を新調し、6弦ギターのコード弾きを入れようと思ったのですが

 

ソロ
「やっぱり弾けねえ」

 

って事でウクレレにしました。単音弾きが限界でした笑。今回もウクレレ大活躍ですね。

ウクレレに興味のある方は、最初の一本目にこちらのウクレレを弾いてみてはいかがでしょうか。

 

低価格にも関わらず、音質も音の響きも良質だと思います。

これを弾きながらダイナミックマイクやコンデンサーマイクで音を録音してみて下さい。




使用機材やプラグイン、工夫したところ

今回からオーディオインターフェイスをrubix24から

 

steinberg UR-RT2

 

に買い換えました。

 

Steinbergのオーディオインターフェイスだと入門機としてUR12UR22mkIIが挙げられることが多いですが、その上位モデルとなります。

rubix24も入門機なのでひとつ上が欲しくなり今回購入に踏み切りました。

 

rubix24も決して悪いオーディオインターフェイスではないのですが、UR-RT2の方がより出音が鮮明で各楽器の定位がつかみやすくなっています。

また、YAMAHAが開発したハイクオリティなマイクプリ「D-PRE」が内蔵されているのと、この機種最大の目玉であるルパート・ニーヴ・デザインズが開発した

 

トランス

 

という部品を搭載していて、ニーヴならではの太くて存在感のある「入りの音」を手に入れることができます。

今回は全パートにこの「トランス」を使用して録音。中でもベースの録音(今まではジャズ・ベースを使用していましたが、今回はプレシジョンベースを使用)の中でその効果が顕著であり、常連プラグインであるRenaissance BassCLA Bassを使わなくても芯のある野太い音が出せていると思います。

 

 

Renaissance BassCLA Bass関する詳しい記事はこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

ボーカルはaudio-technica コンデンサーマイク AT4040で録音。試しにSHURE ダイナミックマイク SM58でも録音しましたが、録り音を聴き比べした時はそんなに変わらなくてもミックスの時に差が出ました。やはりコンデンサーマイクで録音した声の方が綺麗にミックスできます。

 

 

ボーカルのミックスでは今回もCLA Vocals頼みでした。何パターンかプリセットの候補があったのですが最終的にこれに落ち着きました。切り札ですね^^。

CLA Vocalsに関する記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

 

 

ミックスではIzotopeMusic Production Suite 2同梱であるNectar3RX 7 StandardOzone 8 AdvancedNeutron 2 Advancedを各パートで使用。AI機能大活躍でしたが、やはりNeutron 2 Advancedでは細かいEQの調整が必要でした。ただ、自分でイチからミックスするよりははるかにクオリティの高いものを提案してくれるのでもう手放せないプラグインとなっています。特にマスタリング時のOzone 8 Advancedの威力は凄まじいです^^。

それ以外で特徴的なプラグインの使い方では、今回初めてOzone 8 Imager(ステレオイメージャー)を使いました。ステレオイメージャーだとWAVESのS1 Stereo Imagerが有名だと思いますが、それよりもはるかに勝る音のステレオ感・広がりを演出できたと思います。実はこのステレオイメージャー系プラグイン今まで使っていませんでしたが、マスタートラックに挿して使ってみた実感から定番になるような気がしています^^。

 




映像編集

今回はいつもより作画の枚数を減らしました。

メンド・・・いや、枚数を少なくすることによって動きを減らし1枚のカットをじっくり見せるためです笑。

動画素材と静止画素材をミックスさせることによって今までとは一味違った編集になっていると思います。全編

 

ソロ
「女の子」

 

が出てくるのと、青春っぽい雰囲気を演出しています。

前曲「海と空の眠り」同様、今回も子供の絵が所々出てきます。自分と違う画風が出てくると効果的だと思います。

 

使用した鉛筆は製図やアート、デザインなどでプロから厚い信頼を受けている

 

ステッドラーのルモグラフ

 

を用いています。

なめらかな書き心地が特長でこれを使うだけでも作画に身が入ります笑。絵を描く方は是非お試しあれ。

 




過去の音源

過去の音源と比較してみます。demo版と比べてみましょう。

 

「等身リアルネットワーク(demo版)」(garageband&iMovie時代)

 

正真正銘、garagebandのみで作りました。

 

比べると、ボーカルがやたら目立っているのとテンポが早いです。ドラムは電子パーカッションに接続するMIDIケーブルを持っていなかったのでオーディオ録音してあります。なので違和感がありますね。歌詞や歌い方も所々違います。今回アップした方が腰がすわっているような気がしますね。本当にDTM全くの初心者で何にも知らなかった頃ですが、曲調は自分らしさが出てますね。初期衝動の塊です。こういう感覚、大切にしていきたいですね。

 

私のように趣味でDTMやっている場合、音源を

 

ソロ
「何度でも作り直せる」

 

ソロ
「何パターンでもこの世に出せる」

 

面白さがあります^^。

プロだとこうはいきませんからね。多くの場合、一発勝負です。

 

今回作った音源もいつしか

 

ウクレレ3本重ねバージョン

 

とかになりそうですね笑。

 




歌詞

最後に歌詞を掲載します。

今はスマホやタブレット、PCでネットを使った人づきあいも定着してきた感がありますがそれでもやはり

 

ソロ
「現実の、生身の人づきあいが大切なんだよ」

 

というテーマを歌詞の中に盛り込みました。なんとなく青春の甘酸っぱさなんかも感じ取ってくれたらと思います。

 

『等身リアルネットワーク』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも Yeah!

初めて会った 人混みの中
うずもれていた 波に飲まれた

初めて会った 地下鉄の中
くすぶっていた 闇に飲まれた

あの時を 思い起こして
あの時に 思いをはせる Ah

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも

Yeah Yeah Yeah Yeah

© 2018ソロ

 

感想などいただけましたら嬉しいです。




まとめ

いかがでしたか?

 

今回もやはりミックス&マスタリングに手こずりました笑。いつも仕上がるたびに

 

ソロ
「なんか違うんだよな。」

 

って思う事の連続です。何パターンか作ったうちの一つを音源として選びました。IzotopeMusic Production Suite 2のおかげでやりやすくはなってきているものの依然として最大の難所である事に変わりありません。私はあくまでも

 

作詞・作曲

 

がやりたいだけで、ミックスの腕を上げたいわけではないんですね。作品をネット上の公開やこの先の販売に向けて必要だからやってるだけで。なので、そこまでこだわりはなくなんとなく

 

それっぽく

 

聴こえればいいと思っています。「それ」じゃなくてもいいです笑。このレコーディング・エンジニアの領域にどのように立ち向かっていくかが今後の課題ですね笑。

 

他の楽曲もお聴きになりたい方はこちらをクリック!

 

 

前作「海と空の眠り」の記事はこちらに書いてありますので気になった方はこちらもどうぞ。

 

 

ソロ
でわね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!