【MSP5】YAMAHAのモニタースピーカーが業界標準なワケ

制作環境

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

これからDTMを始めようと思っている方、DTM初心者の方、モニタースピーカーは買いましたか?

モニタースピーカーはミックスやマスタリング後の音源を正確に聴き取る上で欠かせない機材のひとつです。

にもかかわらず、DAWやプラグイン、オーディオインターフェイスなどに投資した方はここら辺りで力尽き

 

 

ソロ
「ヘッドフォンとスピーカーは後回しでいいや。」

 

 

となりがちです笑。

実際にDTMをやっていると、ソフト面ばかりに目が行きがちになりハード面がおろそかになりやすいんですね。それはミックスやマスタリングをああでもない、こうでもないとやっている内に音いじりに没頭してくるので、ヘッドフォンやスピーカーは後回しでも良いと考えるようになるからです。中でもモニタースピーカーは値段が張るし。

ただ、そのままモニタースピーカーやモニターヘッドフォンではない市販のスピーカーやヘッドフォンでミックス&マスタリングを続けていくと、原音ではない色付けされた音のまま作業をする事になるので仕上がりの音が偏ってしまいます。

 

そこで、今回はそんなモニター環境、ここではスピーカーの状況を打破するために業界標準と言われるモニタースピーカー

 

YAMAHA MSP5

 

の紹介をしたいと思います。

モニターヘッドフォンに関しては、何点か記事を書いてますので参考にしてみて下さい。

 

 

それではYAMAHA MSP5のレビューをしたいと思います^^。

モニタースピーカーって何?

 

モニタースピーカーとは、「音を正確に聴けるスピーカー」の事を指します。

DTMのミックス作業やマスタリング作業を行う場合、この正確な音を聴きながら作業を行う事が非常に重要になってきます。私たちにとって馴染みのある一般的な音楽鑑賞用のスピーカーは、「音を気持ちよく聴く」ものであり「正確に聴く」ものではありません。つまり、モニタースピーカーはあくまでも「音をチェックするため」に存在するスピーカーなので、快適な音楽を聴くためのスピーカーにはなっていません。

特に顕著なのが低音部分で、一般的な音楽鑑賞用のスピーカーほど重低音が良く聴こえるように最初からイコライジングされているものが多いので、言うなれば「割増」された設定になってます。高音部分も同様です。このように各音域を聴きやすいように調整された環境でミックス&マスタリング作業を行ってしまうと、完成した音源を別のスピーカーやイヤホン、ヘッドフォンなどで聴いた時に各音域が物足りない音楽になってしまう可能性があります。

ですから、しっかりとしたモニタースピーカーを選ぶ事は、DTM編集環境にとって大事な事になってくるのです^^。




YAMAHA MSP5

 

そこで、登場するのがこのYAMAHA MSP5です。

このモニタースピーカーよりも価格の安い機種はあるのですが、もうひと越え(←これがポイント^^)してプロの音楽家でも使用している音質・出音を手に入れられるこの機種をおすすめしたいと思います。

以下、スペックとなります。

 

MSP5 スペック

2ウェイバスレフ型バイアンプニアフィールドモニター
5インチコーンウーファー + 1インチチタンドームツイーター
50Hz-40kHz (-10dB)のフラットレスポンス
67Wダイナミックパワー
XLR、フォーン入力端子を併装
31ポイントレベルコントローラー
HIGH TRIM、LOW TRIMを搭載、防磁設計

 

MSP5の大きさ

まず、MSP5の大きさですが、

 

MSP5 大きさ

寸法(W×H×D) 179 x 279 x 208 mm
質量 7.9 kg

 

となっています。

手にしてみると、割と大きいという意見も耳にしますが、使ってる机やテーブルによるのではないでしょうか。私はそれほど大きさと重さを感じた事はありません。むしろ標準的な印象です。PCをはさんで左右に設置すればさほどの暑苦しさも感じません。気になる方は実寸と重さを良く考慮してから決めましょう。

MSP5の音質

一番気になる音質です。

小難しい理屈は抜きにして、率直に使ってみた感想を書きますと「出音は原音に忠実で自然に耳へ伝えてくれる感じ」の音が出てくるスピーカーだと思います。注意しなければならないのが音の情報量が多い分音に迫力があるので、長時間聴いてると聴き疲れがしてくる事です。

なので、そんなに大きな音が出せない自宅録音環境だとスピーカーのボリュームをある程度以下にしぼって使う事になってくると思います。使ってみるとこのボリュームをしぼるのが結構くせ者でして笑。

ズバリ!1メモリの差が大きいんです。つまり

 

ソロ
「これくらいの音量がいいんだけどなあ。」

 

という絶妙なバランスになかなかならない^^。

これは音量に対する感じ方の個人差があるので、一概に良し悪しの判断にするのは難しいですが、あくまでもスピーカーでの音量調節の話なのでオーディオインターフェイスのアウトプットで調整すればさほど気にはならないかもしれません。




まとめ

いかがでしたか?

一つ下の価格帯に同じYAMAHAHS5という機種があるのですが、こちらも出音がフラットで使いやすい印象でした。ただ、MSP5と比べるとやはり音の立体感でMSP5に軍配が上がります。この価格の差はこの音の立体感にあると思っていただいて結構です。

最初に買うモニタースピーカーとしては値が張る方になると思いますが、買ってまず後悔する事はないと思います。なので、オーディオインターフェイス同様「ちょっと上」の価格帯を最初から狙ってみてはいかがでしょうか。

メルカリやヤフオクなどを利用して、中古品を探してみるのもひとつの手です。私は中古で購入しましたが問題なく使えてます^^。

ラインケーブル買うのだけは忘れずに。

 

ソロ
でわね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!