【Waves】UltraPitchのハモリとボイスチェンジ作成法

Waves

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

 

みなさんはボーカルのミックスをしている時に

 

 

ソロ
「なんかコレじゃ物足りないな。厚みが欲しいな。」

 

 

と思った事はありませんか?

 

そんな時は通常

 

ハモリ

 

のトラックを作るのですが、やり方としては大体2パターンになると思います。

 

ハモリの作り方

・ハモリトラックを作って録音して行く。
・DAWのピッチ補正機能を使ってハモリを作って行く。

 

後述しますが、いずれの方法も実際にやってみるとハモリトラックを作るのに

 

手間がかかる

 

んですね。そこでみなさんは

 

 

ソロ
「もっと簡単にハモリを作れないかな。」

 

 

と思うようになります。

 

そんな悩みを解決するのが今回紹介するWavesのプラグイン

 

「UltraPitch」

 

です。

 

早速使ってみたレビューをしたいと思います。

 

UltraPitchってなに?

UltraPitch最大6ボイスまで使用できるフォルマント・ピッチシフターです。

各ボイスごとにパンやディレイ、フォルマントなどの設定ができ、簡単操作でハーモニーを作り出せるのが特徴です。音質を意図的に男性の声を女性の声に変えたり、女性の声を男性の声に変えたりといわゆる

 

ボイスチェンジャー

 

的な使い方も出来ます。

 

それでは冒頭にも触れましたが、ハモリの作り方を

 

ハモリの作り方

・普通に歌ってハモリを作る
・ピッチ補正ソフトを使ってハモリを作る
・UltraPitchを使ってハモリを作る

 

の3つに分けてご説明いたします。




普通に歌ってハモリを作る

まずはメインメロディに対して、

 

どの部分にハモリをつけるか

 

をあらかじめ決めておきます。

 

AメロやBメロ、サビなど強調したい部分にハモリをつけます。通常は

 

最も盛り上がるサビ

 

の部分につけて厚みを出すのが一般的だと思います。

 

実際にハモリを歌ってみると、元のボーカルトラックに対してピッチ(音程)の

 

正確性

 

が求められてくるので何度も歌い直す必要性が出てくると思います。




ピッチ補正ソフトを使ってハモリを作る

ピッチ補正ソフトは

 

ズレた音程を正しい音程に修正する

 

のが基本的な使い方です。

つまり、これを活用して

 

ボーカルの音程を3度上にずらす

 

事によってハモリを作る事ができます。

3度上ハモリというのは

 

キーで考えての3度上ではなく楽譜で考えての3度上

 

の事なので注意しておきましょう。

要は、

 

 

ソロ
ボーカルのトラックをコピーしてそのコピーしたボーカルトラックにピッチ補正機能を使う。

 

 

事によってハモリが作れるわけです。

ただ、私の経験上

 

ボーカルの場所によっては音程がずれてる部分がある

 

ので、そこを確認しながらひとつひとつ修正しなければならない地道な作業が必要になってきます。

 

 

ソロ
「コレがかなり面倒。」

 

 

でした。

 

下手をすると

 

歌い直した方が早い

 

事にもなりかねないです。




UltraPitchを使ってハモリを作る

そこで、これからが本題の

 

UltraPitch

 

を使った方法に入りたいと思います。

早速音源比較に入っていきたいと思います。

サンプルには自作曲

 

『海と空の眠り』

 

を使ってみたいと思います。

 

ドラム音源にはBFD3を使用。スネアやキックなどのパートにはWavesQ10、C1COMP、MaseratiDRM、KramerTape、Vitaminなどを使って音作りをしています。KramerTape、Vitaminに関しては以下の記事をご覧になって下さい。

 

 

 

 

それでは始めます。

 

【海と空の眠り ボーカルUltraPitchなし】

 

【海と空の眠り ボーカルUltraPitchあり】

 

 

ベース、ウクレレ、エレキギターをROLAND Rubix24(オーディオインターフェイス)に直接通してからLogicで録音。

 

 

ベースはQ10C1COMPRenaissance BassCLAbassを使用。

 

Renaissance BassCLAbassのレビューはこちらをどうぞ。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

ボーカルUltraPitchなしに比べるとボーカルUltraPitchありの方が歌が前に出てきたと思います。音量は同じです。

やり方も簡単でコピーしたボーカルトラックにUltraPitchを挿入して、プリセットを選ぶだけ。プリセットによっては様々な音作りも可能な上にボーカルのメインメロディに対して

 

自動で3度上(のみならず5度上)のメロディを作成

 

してくれるところがすごいです。

 


PCやスマホ、タブレットだと違いが分かりにくいかもしれません。モニターヘッドフォンやモニタースピーカーを通して聴き比べする事をおすすめします。

 

設定はプリセット”Zeppelin slapper”を使用。

 

プリセットの”Zeppelin slapper”を使用しております。

Load→Zeppelin slapperです。

これが一番きれいなハモリが作成できたので使用しました。

 

原曲はこちらになります。

 




UltraPitchを購入するならPlatinumバンドル以上がオススメ!

UltraPitchWavesGoldバンドル以上に収録されていますが、私はあえて

 

Platinum

 

バンドル以上をオススメいたします!

 

その理由はVitaminの記事にも書いてありますのでご覧になって下さい。

 

 

 

 

単品も載せておきます。

 




まとめ

いかがでしたか?

 

UltraPitchはハモリからボイスチェンジまで幅広く活用できるプラグインです。

ちなみに私の場合はピッチ補正をほとんど行いません。

メンド・・・いや、

 

ソロ
「元のボーカル素材を大切にしたいから。」

 

です笑。

若干、音程外れてても

 

それがアジ

 

若干、息つぎが強くても

 

それもアジ

 

と考えています笑。

 

よく手直ししまくってロボットみたいな声も耳にしますが、

 

それならボーカロイドでいいじゃん

 

って思ってしまいます。

 

その点、

 

SMAP

 

って優秀でしたよね。全員しっかり歌ってましたから笑。

私はロボットみたいな整いまくった声よりも

 

生に近い声

 

の方に魅力を感じますけどね。人間の声を魅力的にする方法っていっぱいあって面白いですよね。

 

ソロ
でわね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!