【Waves】V-Compを挿すだけで音にパンチが出る理由

Waves

どうも。ソロ(@night_line_solo)です。

ドラムを構成しているパートには、Kick、スネア、ハイハット、タム、シンバル、クラッシュなどがあります。その中で他の楽器の音と被りやすく、EQ調整しても抜けにくいパートの代表格にスネアがあげられます。しかしながら、スネアは上手く音が抜けてきても

 

ソロ
「なんか音に迫力ないんだよなあ」

 

とか

 

ソロ
「音にパンチ力がないんだよなあ。」

 

と思ったことはありませんか?

 

そんな時はコンプレッサーをかけることで変化を実感できる場合があります。

それが今回紹介するWavesのプラグイン

 

VComp

 

です。

 

それでは使ってみたレビューをしたいと思います。

VCompってなに?

数多くのレコーディングスタジオでの定番コンプレッサーである「Neve2254をモデリングしたプラグインです。

Vcompをかけるとギュッと締まった音になり、かかり方がかなり派手になるので迫力のあるロックなどのサウンドにはもってこい。ドラムのスネアベースの音作りに最適だと思います。

 

 

主にLIMITERエリアとCOMPRESSORエリアに分けることが出来ます。

 

Vcomp LIMITER

・LIMITERスイッチ…リミッターの ON/OFF切り替えスイッチ。
・LIMIT LEVEL…リミッターのスレッショルドを設定できるつまみ。
・ATTACK…リミッターのアタックタイム。
・RELEASE…リミッターのリリースタイム。

 

Vcomp COMPRESSOR

・COMPRESSスイッチ…コンプレッサーのON/OFF切り替えスイッチ。
・RATIO…コンプレッサーのレシオ(圧縮比率)を設定できるつまみ。
・RELEASE…コンプレッサーのリリースタイム。

 

VCompのキャラ付けが強く感じた場合は、コンプとリミッターをオフにして使えばVComp特有の音の傾向は薄まるので自分の目指す楽曲によって調整すると良いでしょう。




VCompを使ってみる

それでは早速音源比較に入っていきたいと思います。

サンプルには自作曲

 

人間の証明

 

を使ってみたいと思います。

今回はスネアの音に使用しました。VComp以外のインサートしているプラグインの設定は以下となります。

 

スネアのプラグイン設定

Q10…125Hz以下 カット
250Hz -12.1 GAIN
424Hz  18 GAIN
965Hz -10.4 GAIN
1.7KHz 18.0 GAIN
3.8KHz  -8.6 GAIN
6.5KHz 18 GAIN
9.3KHz 以上 カット
Vcomp…通しただけ
Scheps73…Wide Piano(stereo)
TrueVerb…StudioA

 

Q10の調整はかなり極端なことしてます笑。波形がジグザグです。VCompは通しただけ。Scheps73は音に明るさときらびやかさを付加するためにインサートしてます。サンプル音源はマスタリング前のものになります。

Scheps73に関する記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

 

 

それでは始めたいと思います。

 

【人間の証明  VComp  なし】

 

【人間の証明  VComp  あり】

 

ドラムはYAMAHA デジタルパーカッション DD-65を使用。YAMAHA USB-Midi Interface UX-16をPCにつないでLogicでMidi録音しています。

 

 

いかがでしょうか。

Vcompなしの時に比べるとありの方がスネアの音が締まり力強さが強調されたのが分かります。音量は同じです。最後にリバーブをかけた方が音の響きが増すので合わせてインサートするといいと思います。

 


PCやスマホ、タブレットだと違いが分かりにくいかもしれません。モニターヘッドフォンやモニタースピーカーを通して聴き比べする事をおすすめします。



設定はデフォルトのまま

はい。本当に通しただけです笑。

 

VComp設定

INPUT…-6.0dB
OUTPUT…0.0dB
METER…GR
ANALOG…OFF
LIMITER…OFF
LIMIT LEVEL…12.0
ATTACK…FAST
RELEASE…AUTO
COMPRESS…ON
RATIO…4:1
DeESSER…OFF
RELEASE…AUTO

 

この設定のままでこれだけはっきりとした違いが出るので、他にも色々試してみてください。

原曲はこちらになります。

 

 




VCompを購入するならPlatinumバンドルがオススメ!

VCompをバンドルで購入したい場合、Goldバンドル以上になるのですが、Gold買うならPlatinumバンドルをオススメします。

Renaissance BassRenaissance VoxL2L3など使えるプラグインがたくさん収録されているので予算が許せばこちらの購入をオススメ致します。

Renaissance BassRenaissance Voxに関してはこちらの記事をどうぞ。

 

 




まとめ

いかがでしたか?

Vcompはとにかくキャラクター付けのはっきりしているコンプなので楽曲の方向性や使い所にかなり左右されてくると思いますが、ロックなどのスネアやベースの音にパンチ力を加えるには最適なプラグインだと思います。

色々と試してみて自分にあった使い方を見つけてみて下さいね。

 

ソロ
でわね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!