【wordpress】有料テーマをオススメする4つの理由

wordpress
ソロ
どうも。ソロ(@night_line_solo)です。
音楽ブロガーです。元バンドマンでベースとボーカルをやってました。
ソロ
今回はWordpressの有料テーマについてお話ししていきたいと思います。

 

wordpressを使ってブログを始めてみようと思ったあなた。

 

読者さま
  • wordpressのテーマって無料と有料どっちを使えばいいの?
  • wordpress初心者だし無料の方がいいのかな?
  • 最初はお金かけない方がいいかな?

 

この記事ではこんな悩みにお答えしていきます。

 

ちなみに私は

  • HTML、CSSの基本的な知識はある。
  • wordpressのテーマは有料、無料共に使ったことがある。
  • 無料のwordpressのテーマは使いにくかった。
  • 有料のwordpressのテーマを使ってブログの運営をしている。

音楽中心、雑記型のブログ・アフィリエイターブロガーです。

 

wordpressで記事を書くと決めて

 

ソロ
最初はタダでやろうっと!。

 

と決めて始めたものの、カスタマイズのあまりのわずらわしさにすぐに有料テーマを購入した面倒くさがりです笑。

 

この記事を読めば

POINT

  • wordpressの有料テーマの良さがわかる。
  • 記事を書きはじめる前の時短につながる。
  • ブログ運営が楽しくなる。

執筆までの余計な手間がはぶけること間違いなしです。

 

wordpress有料テーマの使い方を

  • wordpress有料テーマと無料テーマの違い
  • wordpress有料テーマのオススメ
  • まとめ

に分けて、お話ししていきたいと思います。

 

WordPressテーマ「スワロー」(当ブログはこちらのテーマを使用してます。)





【wordpress】有料テーマと無料テーマの違い

それでは具体的に有料テーマと無料テーマの違いを見ていきましょう。

  1. デザイン性
  2. SEO対策
  3. 収益化
  4. 値段

他にも情報量カスタマイズ機能記事装飾機能サポート体制など色々ありますが、ユーザーがもっとも気になるポイント4つを挙げてみたいと思います。

 

もしもアフィリエイト(物販系をひとまとめできるASP

①デザイン性

wordpress有料テーマの方が無料テーマよりもデザイン性が良いです。

 

【例1】wordpress無料テーマ stinger plus2

 

【例2】wordpress無料テーマ simplicity2

いかがでしょうか。好みの問題もありますが、今私が使っている有料テーマのデザインと比べると

 

ソロ
なんかヤボッたいなあ。

 

と思いませんでしたか。

 

無料テーマを有料テーマ級のデザインに仕上げる事は不可能ではありません。

それにはHTML、CSS、PHPなどウェブの専門的な知識や技術がないと思いどおりにカスタマイズすることができず、結局大変な時間のロスとなってしまいます。

 

実は無料テーマって、タダで使えるとはいえ完全に上級者向けなんです。

 

その点、有料テーマは最初からブログのトップページをフルワイド画像で表示できたり、画像のスライド機能が実装されていたり、美しいフォントや見出しのデザインアイコンなどが各種豊富に取りそろえています。

 

ブログはデザインよりも執筆することがメインなので、このデザインに対して時短策をほどこさないと書き出す前に挫折してしまうという本末転倒なことが起こってしまいます。

 

スタートでつまずかないようにするためにも有料テーマで始めましょう。

 

WordPressテーマ「スワロー」(当ブログはこちらのテーマを使用してます。)

②SEO対策

SEOとは、“Search Engine Optimization”の略で、検索エンジンに対してWebサイトやブログを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化) を意味します。

 

無料テーマの中にもSEO対策が十分されているテーマもありますが、大半が不十分な場合が多いです。

 

有料テーマはSEO対策が施されているテーマが多く、Webサイトやブログ運営上でとても重要な「検索上位に表示されること」を達成しやすいです。

 

もちろん人気のあるキーワードは競合他社ぞろいでレッドオーシャン状態になっているので、有料テーマを使ったからといって必ずしも狙ったキーワードで上位表示されるかどうかはわかりません。

 

ただ、「有料でSEO対策がされていないテーマを買う」という人が果たしているでしょうか。

 

有料テーマはお金をとる以上、ほとんどの場合SEO対策がなされています。

 

自分の力で内部のSEO対策をするとなると相当な知識・技術が必要になってくるので、ここでもつまずかないように有料テーマを選びましょう。

 

WordPressテーマ「ストーク」(ブロガーに人気の高いテーマです。)


③収益化

ブログの収益化に関しては有料テーマ、無料テーマどちらが優れているかは一概には言えません。

 

収益化につなげるには、ブログ管理者の

  • SEO
  • マーケティング
  • ライティング

能力にかかってくるからです。

 

ソロ
どれだけ読者に有益な情報を与えることができるか。

 

Googleの検索エンジンも読者に有益な情報をのせているwebサイトやブログを優先的に上位表示させる傾向がありますので、管理者の不断の努力、勉強量にかかってくると思います。

 

WordPressテーマ「アルバトロス」(デザインが美しいです。)


④値段

言うまでもなく有料テーマは初期投資が必要。無料テーマはタダです。

 

読者さま
有料テーマっていくらくらいするの?

 

ソロ
大体5000円〜30000円くらいしますね。

 

値段だけ見たらおそらく高いと思う方が多いと思います。

 

値段で躊躇されている方、試しに無料テーマでブログを作ってみましょう。無料テーマを人並み以上に仕上げる苦労を経験すれば

 

この時間をお金で買えるなら安い!

 

と思うようになります笑。

時は金なり。いい言葉ですね。

 

WordPressテーマ「ハミングバード」(アニメーションならこのテーマ)

【wordpress】オススメの有料テーマ【初心者向け】

初心者向けのwordpressの有料テーマを紹介したいと思います。

値段が手頃で評判のいいwordpressの有料テーマばかり集めました。値段順に並べてあります。

 

A8.net国内最大級のASPです。)


Emanon(エマノン)

 Emanon(エマノン)


  • テーマ名:Emanon(エマノン)
  • コンセプト:中小企業のWeb集客に特化したWordPressテーマ
  • 無料複数サイト:1回の購入で複数サイトに利用可能
  • サポート:Emanon固有の機能に関する相談のみメールサポート
  • 価格:9,800円(税込)

 

集客に悩む中小企業向けとはありますが、個人ブログでも十分使用できます。

googleの検索エンジンを使って、インデックスされやすいHTML構造をしておりプラグインなしでもユーザーの情報を収集できる仕組みを実装しています。

サイトから見込み客を増やすために必要な機能を実装しています。

 

SWALLOW(スワロー)/OPEN CAGE

スワロー

  • テーマ名:スワロー
  • コンセプト:いさぎよく、シンプル。洗練されたWPテーマ
  • 無料複数サイト:1回の購入で1サイトのみ利用可能
  • サポート:購入から30日間のみ無料メールサポート
  • 価格:9,900円(税込)

 

当ブログでも使っているのがこのOPENCAGESWALLOWスワロー)です。

使ってみた感想ですがとにかくシンプルですね。OPENCAGEの人気有料テーマSTORKストーク)をさらに研ぎ澄ました感じです。

私がこのテーマを選んだ理由は、とにかく「シンプル」なテーマが良かったから。実際に使ってみて特に不便は感じていません。価格も微妙に10000円を切る価格設定がニクいですね笑。

 

 

STORK(ストーク)/OPEN CAGE

ストーク

  • テーマ名:ストーク
  • コンセプト:究極のモバイルファースト オールインワンWPテーマ
  • 無料複数サイト:1回の購入で1サイトのみ利用可能
  • サポート:購入から30日間のみ無料メールサポート
  • 価格: 10,800円(税込)

 

ブロガーから絶大な支持を受けているのがこのSTORKストーク)です。

利用者数がもっとも多いwordpress有料テーマの一つといっていいでしょう。スワローよりも微妙に高い値段設定がミソ。このあたり、OPEN CAGEは商売上手です笑。

 

 

THE THOR(ザ・トール)/ーFITー

THE THOR(ザ・トール)

  • テーマ名:THE THOR(ザ・トール)
  • コンセプト:集客・収益に徹底的にこだわった 結果へ導く次世代WordPressテーマ
  • 無料複数サイト:1回の購入で1サイトのみ利用可能
  • サポート:安心メールサポート・会員フォーラム
  • 価格:15,984円(税込)

 

少し値段が上がりますが、2018年末に発売された新しいwordpress有料テーマです。

集客・収益支援システムというブログやアフィリエイトサイトのアクセス、収益を最大化する後押しをするための機能が含まれています。

初心者にとってはありがたいサポートも充実しています。

 

 

DIVER(ダイバー)

Diver

  • テーマ名:Diver
  • コンセプト:超多機能&無期限・無制限サポート付き。次世代のWPテーマ
  • 無料複数サイト:1回の購入で複数サイトに利用可能
  • サポート:無期限・無制限メールサポート
  • 価格:17,980円(税込)

 

THE THOR(ザ・トール)よりもさらに値段が上がりますが、2019年以降もっとも売れているwordpress有料テーマのひとつです。

何といっても無期限・無制限でメールサポートを受けつけてくれる点が初心者にとってはありがたいですよね。多機能な装飾ボタンも魅力のひとつとなっています。

 

【wordpress】有料テーマをオススメする4つの理由【まとめ】

いかがでしたか?

wordpress有料テーマを購入する際には

 

POINT

  • デザイン性
  • SEO対策
  • 収益化
  • 値段

 

このあたりを気にかけるといいと思います。

最後になりますが、ブログは

 

ソロ
記事を書くこと。

 

が1番重要であることを忘れないようにしてください。

楽しいブログライフを送りましょう!

 

★ASPおまとめプラグイン「Rinker」の記事はこちら!

 

OPENCAGE(オープンケージ)(高機能なWordpressテーマを販売しています。)


もしもアフィリエイト

 

ソロ
でわね。
 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
この記事が気に入ったらみんなでシェアしましょう!