DTM作品

DTM作品群です。基本的に作詞・作曲・編曲・演奏・歌・映像編集全て自分ひとりでこなしています。新しい曲順で並んでいます。

感想などありましたらお気軽にコメント下さい。

DTM作品

『アポロの唄』

『アポロの唄』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

悲しみの沼に はまり込んだ時には
星くずをつかんで 宵の汽笛を鳴らす

苦しみの森に 迷い込んだ時には
赤土をすくって 涙のランプを消す

喜びの渦に 巻き込まれた時には
スコールをまとって 愛の白線を踏む

『夢』つないだ 白い絵のニンフが
『夢』描いた 赤い絵のニケと羽ばたく

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

『夢』つないだ 白い絵のニンフが
『夢』描いた 赤い絵のニケと羽ばたく

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

アポロの唄 響かせてる あなたの 未来まで
アポロの唄 かき鳴らして あなたの 世界まで

© 2018ソロ

「『夢』つないだ 白い絵の ニンフが 『夢』描いた 赤い絵のニケと 羽ばたく」

現実と幻想が入り混じっている曲です。歌詞的には過去曲「月下の住人」に近い仕上がりとなっています。

こういう歌詞は好きですね。ミドルテンポでシンプルな曲に仕上がってます。尺も3分40秒。段々と長くなってきてる笑。

前曲同様、ウクレレがリズムのコードプレイとカッティングプレイに分けてあります。コードプレイの方は音色を甘く、カッティングプレイの方は音色を歪ませています。これが定番になりそうですね^^。

今回のベースプレイは出だしから印象的なフレーズを奏でていますが、サビでボーカルとユニゾンプレイに走ります^^。これにつられてラストではバスドラムの連打も合わさってます。今までにない曲構成ですね。それからギターソロ。ウクレレのカッティングプレイの音色で弾いてます。なんとなく控えめに弾いてるのがミソかなと思ってます^^。

 

『人間の証明』

『人間の証明』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

彼方に見つめてた 約束された大地
息を切らしながら 数字に追われてる

果てなき階段を まっすぐ見つめてる
ソファに座り込んで 時間に追われてる

ああ 人間の証明
ああ 人間の証明

手にした宝石は 淡色フォトイメージ
居場所をつかみとって 家族に追われてる

ああ 人間の証明
ああ 人間の証明

彩りあふれてる 怠惰な群衆に
根こそぎ抱いてる 小さな幸せを知る

ああ 人間の証明
ああ 人間の証明

ああ 人間の証明
ああ 人間の証明

© 2018ソロ

「数字に追われてる・・・時間に追われてる・・・家族に追われてる・・・」

前曲「帰ってきた正義」からそこそこ間を空けての公開となりました。garageband&iMovie時代のストックがなくなり、久しぶりの完全新曲となっております^^。

現代人が色々なものに追われて生きている様子を軸に曲を作ってみました。事実上のDTMデビュー曲「孤独な騎兵隊」同様、社会風刺的な仕上がりとなっています。

こういう社会を皮肉った曲は好きですね。The Blue Heartsの初期の曲も「社会風刺の曲」が多くて好きでした。

ミドルテンポでシンプルな曲に仕上がってます。尺も2分58秒と私の曲の中ではまあまあ長い方です^^。

ウクレレがリズムのコードプレイとカッティングプレイに分けてあります。コードプレイの方は音色を甘く、カッティングプレイの方は音色を歪ませています。

今回、ベースのソロプレイが入ってます。曲が始まってからずっとルートを大人しく弾いてると思ったら間奏から一気に走り出します^^。こういうリズムとメロディを同時に弾くプレイは大好きですね。押しと引きがうまく表現できていると思います。

 

『帰ってきた正義』

『帰ってきた正義』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

帰ってきた正義 乾杯みんなでおめでとう
帰ってきた正義 乾杯みんなでありがとう

ピカピカお酒で 酔いつぶれた Ah
ドキドキおしゃれで オトナびた Ah

黄色いお城の上に 舞っていた
七つのてんとうむしが 夢描く Uh

帰ってきた正義 乾杯みんなでおめでとう
帰ってきた正義 乾杯みんなでありがとう

帰ってきた正義 乾杯みんなでおめでとう
帰ってきた正義 乾杯みんなでありがとう

© 2018ソロ

「帰ってきた正義 乾杯みんなでおめでとう 帰ってきた正義 乾杯みんなでありがとう」

 

ちょっと変わったフレーズの曲を作ってみました。

アップテンポでシンプル、分かりやすいキャッチーな曲に仕上がってると思います。尺も1分40秒と短いです。

実はこの曲、正確に言うと前回の「風のリテイク」に続き

 

またもや新曲ではありません(笑)。

 

まだgaragebandiMovieで映像素材を借りて作っていた時の曲になります。

 

LogicもWavesもBFD3もizotopeもなかった頃です。

 

「風のリテイク」同様、このスタイルになってアップしてからはじめてなのと、曲の構成が変わっているので新曲扱いにしました。

 

事実上、DTMデビュー曲となります。

 

以前のヴァージョン(ここではdemo版と呼びます。)と比べると、ウクレレのコード弾きが大きくフィーチャーされているのと、バックにsynthmasterから奏でられる音が終始鳴っています。なので、以前のバージョンと比べると音の厚みが増していると思います。

 

『風のリテイク』

『風のリテイク』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

飛び出し続けてる風 すべてを切り裂いて
だんまり続けている風 むなしく吹き抜ける

あの時どうして ついて出ないんだろう Yeah
あの時どうして つかえて出ないんだろう Yeah

Ah 心がそこらで動いて
Ah 心がそこらではじける

飛び出し続けてる風 すべてを切り裂いて
だんまり続けている風 むなしく吹き抜ける

飛び出し続けてる風 すべてを切り裂いて
だんまり続けている風 むなしく吹き抜ける

Oh 風のリテイク
Oh 風のリテイク
Oh 風のリテイク
Oh 風のリテイク

© 2018ソロ

言葉の使い方の大切さ

をテーマに曲を作ってみました。

」を「言葉」に置き換えてみてください。意味が分かると思います。

ミドルテンポでシンプル、曲の構成が非常に分かりやすい曲に仕上がってると思います。尺は2分27秒と私の楽曲の中ではまずまずの長さになっています笑。

実はこの曲、正確に言うと前回の「等身リアルネットワーク」に続き

 

新曲ではありません(笑)。

 

まだgaragebandとiMovieで映像素材を借りて作っていた時の曲になります。

LogicもWavesもBFD3もizotopeもなんにもなかった頃です。

等身リアルネットワーク」同様、このスタイルになってアップしてからはじめてなのと、曲の構成が変わっているので新曲扱いにしました。

以前のヴァージョン(ここではdemo版と呼びます。)と比べると、冒頭と終曲部分にトルコ発の怪物ソフトシンセ

 

Synthmaster

 

を使用しています。

初めて使いましたが、音が太くてよく抜ける印象です。音作りはもちろんプリセットです笑。プリセットも優秀なものが揃っている感じでした。ソフトシンセは過去の自作曲「ノアの飛行船」でもさりげなくLogic内蔵のものを使用した経験がありますが、Synthmasterの音はやはりそれ以上のものでした。インパクトありますね。ソフトシンセに関しては私の場合、このような

 

スパイス

 

的な使い方の方が向いてますね。これくらいがちょうど良いです。

弦楽器は通常のウクレレのコード弾きとソロっぽいギターの音で構成されています。今回は今まで以上に

 

低域

 

が重視されています。なので、Kickとベースが前面に出てきていると思います。

『等身リアルネットワーク』

『等身リアルネットワーク』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも Yeah!

初めて会った 人混みの中
うずもれていた 波に飲まれた

初めて会った 地下鉄の中
くすぶっていた 闇に飲まれた

あの時を 思い起こして
あの時に 思いをはせる Ah

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも

等身リアルネットワークで どんどん夢の仲間へ
等身リアルネットワークは 遠い過去と未来へも

Yeah Yeah Yeah Yeah

© 2018ソロ

「人と人とのつながりの大切さ」

 

をテーマに曲を作ってみました。

アップテンポでシンプル、分かりやすいキャッチーな曲に仕上がってると思います。尺も1分50秒と短いです。

実はこの曲、正確に言うと前回の「海と空の眠り」に続き

 

新曲ではありません(笑)。

 

まだgaragebandiMovieで映像素材を借りて作っていた時の曲になります。

 

LogicもWavesもBFD3もizotopeもなかった頃です。

 

「海と空の眠り」同様、このスタイルになってアップしてからはじめてなのと、曲の構成が変わっているので新曲扱いにしました。

 

以前のヴァージョン(ここではdemo版と呼びます。)と比べると、通常のウクレレのコード弾きにディストーションをかけたウクレレのコード弾きとソロっぽいギターの音が追加されています。3本重ねたのは今回が初めての試みです。厚みが増したと思います。

前回使ったもらいもののエレキギターの弦を新調し、6弦ギターのコード弾きを入れようと思ったのですが

 

「やっぱり弾けねえ」

 

って事でウクレレにしました。単音弾きが限界でした笑。今回もウクレレ大活躍ですね。

『海と空の眠り』

『海と空の眠り』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

もしも君が
もしも君が

もしも君が海ならば 風を受けて眠るだろう
海ガメの群れがタツノオトシゴが 踊る

もしも君が空ならば 雲を抱いて眠るだろう
フクロウの声がコンドルの羽が ゆれる

ああ そうさそうさ 夢さ
ああ そうさそうさ 夢さ

もしも君が陸ならば 黙っていても起きるだろう
ライオンの子供 ホワイトタイガー はしゃぐ

ああ そうさそうさ 夢さ
ああ そうさそうさ 夢さ

© 2018ソロ

実はこの曲、正確に言うと

新曲ではありません(笑)。

まだgaragebandとiMovieで映像素材を借りて作っていた時の曲になります。

LogicもWavesもBFD3もizotopeもなかった頃です。

このスタイルになってアップしてからはじめてなのと、曲の構成が変わっているので新曲扱いにしました。

以前のヴァージョン(ここではdemo版と呼びます。)と比べると、ギターソロと歌詞が追加されています。

 

メロディアスなギターソロにしました。チョーキング気持ちいいですね^^。

ギターはずいぶん前に頂いたエレキギターを使いました。

弦がサビサビだったのですが、

「枯れた音になっていい雰囲気醸し出すんじゃないか?」

と思い、そのままで弾きました。

コード弾きは変わらずウクレレとなっております。

 

歌詞は

 

 

「もしも君が陸ならば 黙っていても起きるだろう

ライオンの子供 ホワイトタイガー はしゃぐ」

 

 

が追加されています。

 

映像編集ですが、今回は大幅に

子供の絵

を用いています。

 

子供の絵にはかないませんね。

『月下の住人』

『月下の住人』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

真っ黒なビルの谷間で 月下の住人
ダクトに火をつけ回る 月下の住人

冷たい壁にもたれて 月下の住人
チープな星くず拾う 月下の住人

性善の悪魔が 酒場でキスしてる
性悪の天使が リボルバー放つ

突き抜ける 魔法陣
振り返る ナポレオン
見せかけの 地球儀に
答え探す

吹き抜ける 紅い河
彷徨える アレクサンダー
偽りの 歴史書に
答え探す

まっさらな空気のノイズで 月下の住人
夕暮れ今燃え上がる 月下の住人

© 2018ソロ

「月下の住人=幽霊」をモチーフに曲を作ってみました。

今回は「月下の住人」というフレーズを除き、歌詞のリピートを抑えました。

曲が出来ているのに歌詞がなかなか決まらずミックスしながら言葉をのせていきました。

言葉の羅列には気を配っており、かなり「映像的」にはなっていると思います。モチーフが幽霊だけにイメージさせる歌詞じゃない

と伝わりませんからね。漢字、カタカナ、ひらがなをバランスよく配置した純国産な歌詞となっております^^。

今回最も動きが激しいのはドラムです。

なるべく「即興演奏」的な感じになるように仕上げています。個人的にも奔放なドラミングが好きなので。

ベースラインは以前からあったものを使いました。いい感じで動いていると思います。

ベースの動きがある曲って気持ちいいいですよね。動きすぎは禁物ですが笑。

ウクレレもドラム同様、荒削りな感じをあえて出しています。ギターとはまたちょっと一味違ったサウンドになっていると思います。

それと、今回は映像制作・編集面で大幅に「カラー」を導入しました。

アナログで書いたイラストをそのまま編集していた頃と違って表現力がかなりアップしております。

やっぱり色が入ると見栄えが違いますね。今後もこういう形で続けていきたいと思っています。

『オズマ』

『オズマ』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

オズマ

オズマの前でひれ伏した 明かりを持った少年が
オズマの顔に火を吹いて ガス灯と月がゆらめいた

オズマの前にひきづられた ヘテロクロミアの少年が
オズマが目を細めると 鳥達の声が消え去った

満たされることなく 満たされることなく
満たされることなく 満たされることなく

黒い民と白い民が踊りだしてる
白い恋と黒い愛があふれだしてる
黒い民と白い民がおごりだしてる
白い恋と黒い愛が灰になってる

黒い民と白い民が踊りだしてる
白い恋と黒い愛があふれだしてる
黒い民と白い民がおごりだしてる
白い恋と黒い愛が灰になってる

オズマ オズマ オズマ オズマ

© 2018ソロ

Aメロの静寂さがBメロからサビまで一転して激しくなり、得意のゴリ押し曲になっています笑。

ベースの音色は今まで一番メタリックな仕上がりになっています。

歌詞では
『オズマの前でひれ伏した明かりを持った少年がオズマの顔に火を吹いてガス灯と月がゆらめいた』とか
『黒い民と白い民が踊りだしてる白い恋と黒い愛があふれだしてる黒い民と白い民がおごりだしてる白い恋と黒い愛が灰になってる』など、
個性的な言葉が散りばめられております。

「黒い民と白い民が踊りだしてる〜」のくだりは自分でもよく思いついたなと思っております。
歌詞ってねひらめきなんですよね。これからもこうしたひらめきを大事にしていきたいと思ってます。

『ノアの飛行船』

『ノアの飛行船』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

明日に響く古塔見上げる 外に目を向けて今
明日の果てにとどかぬ想い 乗せて飛べるんだろう

Ah 未来のカタチが見えない
Ah 今来たワダチが追えない

Ah 時代のハヘンが見えない
Ah よく見たケシキが追えない

本当の気持ちを探して
本当の気持ちが知りたい

明日に響く古塔見上げる 外に目を向けて今
明日の果てにとどかぬ想い 乗せて飛べるんだろう

明日に響く古塔見上げる 外に目を向けて今
明日の果てにとどかぬ想い 乗せて飛べるんだろう

Oh Oh Oh Oh

ノアの飛行船

© 2018ソロ

Aメロ、Bメロ、サビとパターンの違う押しと引きを意識したベースラインが
「ベースってこうじゃなきゃね。」みたいな曲になったと思っています笑。

歌詞ではベースが走り出すBメロの

『本当の気持ちを探して 本当の気持ちが知りたい』

という歌詞が気に入ってます。

古塔に寄り添うなにやらはかなげな女性のイラストもあいまって雰囲気のある楽曲になったと思います。

『孤独な騎兵隊』

『孤独な騎兵隊』

作詞・作曲・編曲・歌・演奏・映像編集・イラスト:ソロ

襟足を気にする女がいる
足元を見てない男がいる

愛情を捨て去る女がいる
恋人を集める男がいる

沈黙の魂がよみがえる瞬間に

行き先を自分で作ってゆく

行き先を自分で作ってゆく
行き先を自分で作ってゆく

みんな みんな みんな

孤独な騎兵隊

痛い 痛い 痛い

© 2018ソロ

前からあたためていたベースラインを中心に曲を構成しています。
一定のリズムを刻み続けるベースに奔放なドラムが絡むところが「なんか自分らしい曲になったな。」と思っています^^。

歌詞にもありますが『みんな孤独なんだよ』というテーマで作りました。自作のイラストも相まって独特な雰囲気になったと思います。